ビデオセミナー

同一労働同一賃金に関する改正法のポイント

セミナー概要

ご案内のとおり、「働き方改革関連法」について、一部はすでに施行されています。
今回は、「働き方改革関連法」の柱の1つである、非正規雇用労働者の待遇改善に関する法改正の内容について説明させていただきます。
「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」、「最高裁判決」、「労働者に対する待遇に関する説明義務の強化」、「裁判外紛争解決手続(行政ADR)の規定の整備等」などの項目に分けて、テーマごとにご覧いただけます。

セミナーに関するご質問

同一労働同一賃金に関するお問い合わせは、下の『質問フォーム』からお寄せください。

講師紹介

杉山 晃浩
杉山 晃浩 氏
常駐専門家 特定社会保険労務士
加藤 誠司
加藤 誠司 氏
常駐専門家 社会保険労務士
講師名
[進行]横山 由美 氏
常駐専門家 キャリアカウンセラー
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(1)

(資料1P~4P)
雇用形態に関わらない公正な待遇の確保

再生時間 9:05
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(2)

不合理な待遇差をなくすための規定の整備 (資料5P~7P)
(1)パートタイム労働者・有期雇用労働者
(2)派遣労働者

再生時間 3:30
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(3)

不合理な待遇差をなくすための規定の整備 (資料8P~10P)
「同一労働同一賃金ガイドライン」の概要①・②・③

再生時間 9:34
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(4)

最高裁判決(平成30年6月1日ハマキョウレックス事件最高裁判決) (資料11P)

再生時間 8:43
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(5)

最高裁判決(平成30年6月1日長澤運輸事件最高裁判決①)(資料12P)

再生時間 4:25
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(6)

令和2年の最高裁判決例
最高裁判決(平成30年6月1日長澤運輸事件最高裁判決②)(資料13P)

再生時間 15:09
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(7)

不合理な待遇差をなくすための規定の整備 (資料14P)
均衡待遇(パートタイム・有期雇用労働法第8条)について(Q&A)

再生時間 4:59
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(8)

労働者に対する待遇に関する説明義務の強化 (資料15P~16P)
短時間・有期雇用労働指針①

再生時間 5:12
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(9)

労働者に対する待遇に関する説明義務の強化 (資料17P~18P)
短時間・有期雇用労働指針②
短時間・有期雇用労働指針③

再生時間 8:59
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(10)

労働者に対する待遇に関する説明義務の強化 (資料19P~20P)
短時間・有期雇用労働指針④
短時間・有期雇用労働指針⑤

再生時間 8:37
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(11)

労働者に対する待遇に関する説明義務の強化 (資料21P)
短時間・有期雇用労働指針⑥

再生時間 4:10
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(12)

裁判外紛争解決手続(行政ADR)※の規定の整備等 (資料22P~23P)
その他の改正事項(主な項目のみ抜粋)

再生時間 2:40
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(13)

円滑な施行に向けた支援策 (資料24P~27P)
みやざき働き方改革推進支援センター
各種支援ツールの活用ポイント
パートタイム・有期雇用労働法 対応のための取組手順書

再生時間 9:05
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(14)

不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル (資料28P~29P)
職務分析・職務評価の導入支援

再生時間 10:41
同一労働同一賃金に関する改正法のポイント(15)

キャリアアップ助成金について (資料30P~31P)

再生時間 3:11